2013年04月29日

今月のモモちゃんはラッキーでした〜(^^♪

26日にモモちゃんは病院に行ってきました。
先生は「元気そうだね〜!」とおっしゃりながらキャリーケースの
モモちゃんをワシ掴み。普段なら大騒ぎして逃げ回るモモちゃんが
今日は暴れるタイミングを逸してしまったようで、静かに先生の
手の中に納まっていました(^O^)

鷲掴みは私も、薬を飲ませる時に、逃げられないように使いますが
羽を痛める心配がないので安心です。
モモちゃんが小さい頃はワシ掴みするのは可哀想な気がして、一旦、
指に乗せてからつかまえましたが、モモちゃんは逃げようと
バタバタするので羽を痛めそうでヒヤヒヤしました。
その点、止まり木にいる段階で鷲掴みにしてしまうとモモちゃんも
身動き出来ないので安心です)^o^(

体重は40gでしたが、先生はお腹を触って「今回はお腹も張って
いないし、それ程水が溜まっているようもないし、1か月様子を
見た方がいいかも知れませんね!」とおっしゃいました。
そうです。例え0.1ccの水を抜くのにも、注射針を刺される
モモちゃんは辛いかも知れません。
私も即、同意して「モモちゃん、今日は助かったね〜!」と言うと
雰囲気で分かったのか?モモちゃんもホッとした様子(^^♪
先生も笑っていました〜。

DSCF3442-1.jpg

前から気になっていたのですが、2か月位前からでしょうか?
庭に来る雀の数が半減しました。
毎年この時期には餌が足りなくなる位でしたが。今は余り気味です。
暮れに田んぼから戻って来た頃には確か11,2羽はいました。
ところが最近は5,6羽しか姿を見かけません。
一体、雀たちに何があったのでしょうか?
今年は殊のほか寒かったので寒さにやられたのでしょうか?
それとも猫など外敵に…? とにかくテレビでも言っていたように
雀たちも生き難い世の中になってきているようです。

毎日、庭に遊びに来た2羽のヒヨドも先週、北国に旅立ちました。
寂しくなりましたが、元気に目的地に着きますように、そして
また冬にはわが家の庭に帰って来てくれますようにと祈りつつ
再び会える日を楽しみにしています(#^.^#)

ニックネーム ハル at 20:45| Comment(8) | セキセイインコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはかわいい

モモちゃん お水抜かなくてよくて 良かったね^^
ホッとしたモモちゃんと にこにこ優しい先生とのやり取りが目に見えるようです。

スズメさんたち どうしたのでしょうか・・気になりますね。。 
この前 仕事場の人たちとも「スズメ昔に比べると少なくなったよね」って話になりました。
ヒヨさんたち また冬に元気な姿でハルさんのお庭に帰ってきてくれるの楽しみですね。
モモちゃんも またヒヨさんに会えるの 楽しみだね♪♪
Posted by ゆうこ at 2013年04月30日 22:06
>ゆうこさんへ。
ゆうこさん、こんばんわ!

ゆうこさんはツグミとの再会を、モモと私は
ヒヨドリを楽しみに毎年、待つ訳ですねるんるん
雀が急に半分、いなくなったのは不思議
でしょう?
一羽、二羽ならまだしも、急に6羽もいなく
なるなん変ですよねexclamation&question
ヒヨドリもいない今、急に庭が寂しくなった
ような気がします。

モモの先生は若い男の先生ですが「アッ!
また羽にフンがついているよ!」なんて言って
指でサッと取ってくださる、優しい先生ですー(長音記号2)
Posted by ハル at 2013年05月01日 18:08
モモちゃん、お腹に水たまって
いなかった様で安心しました。

色々なもので免疫もアップされているのかな晴れ

モモちゃんの先生
とても腕のいい先生でしかも優しいとは。
いい病院があって良かったですね。
通院は大変でしょうが、心強いですもんね、
ぴかぴか(新しい)

そちらでスズメがいなくなるという事は
たらーっ(汗)

まさか中●の大気汚染が原因
ではありませんよね。
●国の大気汚染の影響
野鳥には関係あるかどうか
さっそくヤホーで顔(笑)
調べてみたいと思いますmail to
Posted by もぐちゃん at 2013年05月04日 15:31
>もぐちゃんへ。
もぐちゃん、こんばんわ〜!
残された猫ちゃんたちの為に奮闘されている
皆さんには頭が下がります。お疲れ様!
GWを楽しむどころではないですね顔(え〜ん)

モモが毎月、診ていただいているのは動物病院
で犬猫が中心。小鳥のレントゲンやMRIは
ないんですが先生はとても熱心に診てくださいますグッド(上向き矢印)
普通、水を抜いている仔は1か月に3cc〜
5cc位抜くそうですがお陰様でモモはあまり
たまらないようですね。
プロポリスや水素水などの相乗効果だと思って
いまするんるん
「命のあわ穂」も良く食べています。有難う
ございましたー(長音記号2)

我が家の庭に限らず雀が少なくなっている
そうですが、あちらさんの大気汚染までは
考えませんでしたわーい(嬉しい顔)
いずれにしても動物も野鳥も住みにくく
なって来ているようです。
Posted by ハル at 2013年05月04日 20:55
お久し振りにお邪魔します。
モモちゃん、お元気そうでなによりですぴかぴか(新しい)
ハルさんの熱心なお世話でモモちゃんの健康は保たれているんでしょうね。
大変な病気なのに悪化せず、維持できるというのは本当にすごいことだと思います。
ハルさんの気持ちが絶対モモちゃんに通じていますよね(^o^)
私も見習いたいです!

実は先日、るいが亡くなりました。
本当に急なことでした。
なんだか様子がおかしいと気付いて数日後に病院に行き、投薬を始めて1週間もしないうちのことでした。
卵巣か卵管の嚢胞か嚢腫でした。
るいは常に元気な子だったので、なんでこんな急に…と悔やまれてなりません。
まだ7歳だったのに。
本当にかわいそうなことをしてしまいました。
ハルさんは、るいやユルのことをブログを通して知ってくださっている数少ない知りあいだと、勝手ながら思わせていただいています。
なので、暗いニュースで申し訳ないのですが、書き込ませていただきました。
ゆるいのブログもまただいぶさぼってしまっていましたが、続けていきたいと思います。
ハルさんのブログにもまた遊びに来させていただきますね!
今後共よろしくお願いしますm(_ _)m

Posted by mimi at 2013年05月06日 03:05
>mimiさんへ。
mimiさん、こんばんわ〜!

突然の事で本当に驚きました。
先程、mimiさんの所にお邪魔してコメント
させていただきましたが、急なことでしたし
さぞかしビックリされたでしょうね〜!
モモも闘病中なので他人事とは思えず
言葉を失います。
ごめんなさい!お慰めの言葉も浮かんできません。

mimiさんは出来る限りの事をして上げた
のですもの、るいちゃんは感謝していると
思います。
ユルちゃんも、急に、るいちゃんがいなく
なってしまい寂しいがっていることでしょう!
mimiさんも辛いでしょうが、ユルちゃんの為
にも哀しみを乗り越えてくださいね!
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。



Posted by ハル at 2013年05月06日 19:49
病院お疲れ様でした
注射しなくて済んで良かったですねぇ〜
不意をつかれて、逃げる間もなかった感じですね
モモちゃんのほっとした顔が可愛くて思わず先生も笑ったのでしょう
「わし掴み」は難しいと思っていましたが
羽根を傷めないのなら、これからは私もその手でいきます、見た目は乱暴みたいですが@@^^

スズメはどこに行ってしまったのかしら?
賢いので、何かの危険を察知したのかしら?
でもハルさんちの庭には美味しいものがいっぱいって知ってるのに、いなくなるなんて・・・顔(汗)
それだけに移動するには確かな考えがあってのことでしょう(笑)

こちらではこの頃、街中の方がよく見かける気がします

駅でコーヒー飲んだ時も、人の側にハトと一緒に沢山いました
やはり人がこぼす「美味しい者」をあてにしているようでした顔(イヒヒ)サーチ(調べる)

小雀が孵化する季節なのかなぁ、小雀も多く見かけましたょ

いずれにしても、人も鳥も安心して暮らせる世の中で有りたいものですねぇぴかぴか(新しい)
Posted by はな at 2013年05月07日 13:20
>はなさんへ。
はなさん、こんばんわ〜!

わしづかみは乱暴なようですが、やってみると
背中から羽ごと掴んでしまうので、モモも
バタバタ出来ないので安心ですー(長音記号2)
ただし外ではつかまえられませんね〜ふらふら
先生は私と話しながらキャリーケースのモモを
鷲掴みするので、モモは油断してしまう
のでしょうねわーい(嬉しい顔)

雀が、どこかへ移動したのなら良いのですが
死んでしまったのでは?何て考えてしまって。
そうですね!今は赤ちゃんが産まれる時期かも
知れません。
昨年までは一番餌がなくなる季節でした。

Posted by ハル at 2013年05月07日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。